池袋で21時過ぎからナンパを開始。

気合を入れて声をかけまくる。

やはり、声をかければかけるほど

テンションも上がってくる。

 

池袋は西口よりも東口

池袋は主に、東口と西口があるのだが

おすすめは東口。

 

西口の駅前の広場は、

キャッチやらスカウトやら

歌を歌っている人やらで

ごちゃごちゃしている。

 

あとお水の人が多い印象。

 

なので、ヤブキはいつも東口でしている。

 

1時間ほど声をかけると、

西武口前で信号待ちをしている

女性に声かける。

 

ヤブキ

「もう帰るの?」

 

女性

「・・・・」

 

ヤブキ

「一杯飲みに行こうと思ってるんだけど、一緒に行こうよ」

 

女性

「・・・・・」

 

目を合わせてくれるのだが、

言葉を発しない。

 

しゃべりかけまくり、

一緒に信号を渡ると

ようやく言葉を発した。

 

「ドンキに行こうと思って」

 

ヤブキ

「ドンキは24時間やってるじゃん。

一杯飲んだあとにこようよ」

 

女性

「・・・・・・」

しゃべらないが、にやついている。

 

「おーし、じゃHUBに行こう」

とヤブキのいつものパターンへ。

 

女性は黙ってついてきた。

 

HUBへ行くとようやくしゃべりだす

HUBに着いた当初は

あまりしゃべらなかったが、

自分のことをしゃべり

質問していくと心を開いたのか

ようやくしゃべりはじめた。

 

20歳の女子大生。

東北出身ということ。

彼氏アリ。

 

話していくうちに、

徐々にくいつきも感じるようになった。

 

お酒も2杯ずつ飲んで、

「もう出ようよ」

と行って店からでた。

 

そして外にでてから、

手をつなごうとするも拒否られる。

 

手を繋げない段階で

かなりきびしいと思ったが、

ホテル打診する。

 

案の定、拒否られる。

 

ドンキホーテで買い物して帰るという彼女に対して、

ドンキホーテまでついていって

粘ったがダメ。

 

完全なる敗北である。

 

即を狙えば準即にもっていける確率は低くなる


         


解散したあと、

「ごちそうさまでした」

のラインがくる。

 

準即いけるか、

と思って飲みに行こうよと

誘ってみるも既読つかず。

 

ブロックされているようだ。

 

粘ってホテルへ誘ったことが原因の

可能性が高い。

 

あのとき、何も誘わずに健全に解散すれば

飲みに行けた可能性もあるが、

準即につながったのかはわからない。

 

ただ、会わない限りは

準即は絶対にない。

 

基本的に当日の即狙いという

スタンスは変えないほうが

いいと思っている。

 

よっぽどの理由がないかぎりは。

 

人は失敗を重ねて学ぶ生き物だ。

どんどん経験を積んでいこう。