アポ負けから池袋に向かう。

到着後、悔しい気持ちを

ストナンでぶつけることにした。

前回の話はこちら

HUBで出会った24歳会社員と新宿でアポ!アポの結果は・・・

 

悔しさをストでぶつけると・・・

悔しさからか、

酒がはいっているからか、

テンション高く声かけ。

 

声かけ5人目で会話をしてくれる

女性にヒット。

「こんばんは!今から飲みに行くけどどう?」

でオープン。

 

パンツが見えそうなぐらい短い

ワンピースを着ている。

 

 

見た感じも小柄で幼い。

 

「眠いんやけど」

と関西弁で言われるが、

「眠気も覚めるような話をするからHUBに行こう」

と言って一緒にHUBへ向かう。

 

大阪から東京にきているとのこと。

 

年齢を聞くと19歳で

専門学校に通っていると言っていた。

(これは実は嘘で、あとあと正体がわかる)

 

そのときの連れ出し音声はこちら

池袋で専門学校生?を連れ出し音声【メルマガ登録後にパスワードが送られてきます)

音声を聞いていただけるとわかるが、

女性についていく理由、言い訳を与えることは大事。

 

「5分だけって言われたからついていった」

 

「面白くなかったら帰っていいって

言っていたからついていった」

 

「一杯ご馳走するって言うからついていった」

などなどですね。

 

HUBへは行かずに・・・


         


HUBに行こうとしたが、

19歳と聞いて

 

「HUBは年齢確認されるから、

コンビニでお酒買って公園で飲もう」

と提案。

 

そして、コンビニでお酒を2本購入。

 

近くの公園に向かっているときに、

「ちょっと寒いでしょ?個室で飲もうよ」

とラブホテルへ誘導。

 

「何もしないよ」言われるが、

すんなりとラブホへイン。

 

お酒を飲みながら、トーク。

 

今は彼氏がいなくて、

今まで2人しか経験がないとのこと。

 

ある程度、和んだあとギラ。

 

形式的なグダがあったが、

「シャワー浴びようよ」

と言われ一緒にはいる。

 

酔いが少し覚めて思ったが、

外見は普通。

胸はAカップぐらいだと思う。

ただ、なんかエロい雰囲気を醸し出している。

 

女性の本当の正体が判明する

そしてベッドへイン。

 

フェ〇してもらうが、

一般的なフェ〇じゃない。

 

「これはプロの技だ!」

と思った。

 

今までの人生、

風俗には何度か行ってきたのでわかる。

 

「風俗的な仕事、したことある?」

と聞くと、

「実は・・・」

とカミングアウトし始めた。

 

専門学校に通っているというのは嘘で、

高校を卒業してから

ずっとデリヘルで働いているとのこと。

 

仕事上の設定が専門学校生だという。

 

大阪でやっていたが、

割のいい東京がいいと思い

最近上京したと言っていた。

 

どうりでうまい。

 

ただ、経験人数は2人は本当とのこと。

 

デリヘルは本番ないからか。

 

イケメンよりも

お金持ちと付き合いと言っていた。

 

なんだかなと思うが、

お金に執着が強い理由があるのだろう。

 

なんだかんだでも即。

 

お金は請求されなかった。

 

ホテルには2時間ほどいて解散。

 

いい経験をした。

 

私は風俗で働いている人に偏見はない。

 

世の中には色々な事情でそういうとこで

働かざるを得ない人もいる。

 

風俗で働くと、

普通の仕事はできないと言っていたことが

印象的だった。

 

人それぞれ色々な価値観がある。

口を挟むことではない。

 

そして、自分はストナン向きだなと

改めて思う1日であった。

 

次こそはアポの連敗を止める。

 

PS

最後にその女性とラインを交換したが、

お客さんとはLINE@で交換しているとのこと。

 

これはとても頭がいいなと思う。

 

LINE@は一斉にメッセージを送信することができるので、

お客さんに自分の出勤を知らせることができるからだ。

リピーター戦略になる。

 

そこまで考えていたかはどうかわからないが、

水商売や風俗はLINEを聞かれることが多いので

すごく有効活用できると思う。